スズキ ソリオ

ミニバン並みの使い勝手と居住空間!

発売当初は、軽自動車と大きな差を感じませんでしたが、最近発売されたものは、本格的な多用途ワゴンという印象が強くなっているようです。

スズキソリオは、コンパクトカーの中で最も背が高く、コンパクトカーとは思えないほどの居住空間。

ラゲッジスペースも広いので、長い荷物もすんなりと入れ込むことができます。

アップライトな運転姿勢は、視界がしっかり確保されるので、長時間の運転も疲れにくいのが魅力。

運転席と助手席、後席から前席へとウォークスルーも可能なので、自由自在に使えるという印象が強いのです。

アイドリングストップを装備している車種もあるので、低燃費も実現。

ソリオが口コミで評判が良い理由

ソリオが口コミで評判が良い理由とは

  • コンパクトカーとは思えないほどの居住空間
  • コンパクトカーの中で最も背が高い
  • 視界がしっかり確保され、長時間の運転でも疲れにくい
  • 天井が広々、足元もゆったり
  • 左右独立リクライニング機構搭載
  • 運転席と助手席、後席から前席へとウォークスルー可能
  • アイドリングストップを装備している車種もあり、低燃費
  • ラゲッジスペースが広い

ミニバンのような広さが人気の理由のようです。

全高が高いためコーナリング性が不安視されているようですが、気にするレベルではなく、安心してのることができます。

ソリオはこんな方におすすめです

コンパクトカーの中で最も背の高いスズキ・ソリオ。

荷物をたくさん積むことが多い方にオススメです。

また、視界が高いので長時間でも疲れにくいですし、運転しやすいというのもメリットです。

リヤシートの独立スライド機能も重宝するようです。